作品集
レザークラフトの作品をクリーマに出品 1ヶ月目の状況

出品から1ヶ月

レザークラフトの作品をハンドメイドサイトに出品してから1ヶ月が過ぎました。


クリーマとミンネに出品してみたのですが、クリーマの方は『何でも屋』というか、ジャンル無しで様々なものを出品。

対して、ミンネはビジネス用の特化した作品を出品するという計画で行いました。
ただ、ミンネの方は作品が追いつかず、やや停滞気味なので、今回はクリーマでの1ヶ月目の報告です。

出品作品の内訳

まず、この一ヶ月で出品した数は20作品。

カテゴリー別に出品数なども確認ができます。

今現在、販売中の作品は19作品。その内訳は

名刺入れ・カードケース  1作品
キーケース 7作品
ペンケース 6作品
キーリング 2作品
その他   3作品

となっています。

展示作品は、展示はしているが販売はしていない作品。これが6作品。

そして、販売済みの作品が1作品となっています。

ハンドメイドの指南書などでは、初売上まで3ヶ月、6ヶ月、あるいは1年はかかる場合もあるといった事が書かれていたので1ヶ月目で初売上があったのは以外でした。

偶然にも僕の作品を見ていただき、それを購入してくれたのですからホント奇跡ですね。
購入者様には感謝感謝です。

どれだけ作品を見ていただいたか?

この1ヶ月で、20作品を登録してみたのですが、僕としては、どの作品がどれだけの人に見てもらえたかが一番気になるところです。

クリーマにログインすると作品ごとのプレビュー数が確認出来ます。

そのプレビュー数ですが、一番観覧された作品が49pv、最低が1pvでした。

今現在販売している作品が19作品で、全ての作品の1ヶ月のプレビュー数をまとめると、403pvで平均21pvという結果。

一般的に、観覧数に対し、購入する割合は1%以下といわれています。つまり、100人の方が見てくれると、そのうち購入してくれる人は1人というわけですね。
それからすると、平均ビューが21pvというのはあまりにも少ないと思います。

ま、作品を登録しただけなので当然といえば当然ですが・・・

2ヶ月目以降は?

やはり、クリーマにしろミンネにしろ、作品を登録して置けば勝手に売れるというものでは無いというのはよくわかりました。

販売ページへの導線は絶対必要だなと思います。

2ヶ月目以降は、作品の登録は今まで通り、3日に1作品を目標に出品し、SNSなど外部からの導線を考えていこうと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事